TOPインタビュー

心を込めて、
お客さまをお迎えする。

株式会社モスフードサービス
代表取締役会長櫻田 厚

1978年3月のとある金曜日。約40年たったいまも、その日は忘れられません。私が店長を務める成増店の目の前に、同業の大手チェーンがやってきた日です。心配そうなキャストさんたちに、私は「大丈夫」と伝えました。「私たちはやるべきことをやって、地域の方々に愛され、続いてきました。だからいまさら特別なことをする気はありません」と。ただ、こう付け加えました。ご近所の清掃、メニューの提供、そして笑顔のあいさつ…忙しさのなかでおざなりになっていないか、振り返ろう。心を込めよう。見直すべきことを見直したら、あとはいつも通り、お客さまをお迎えすればいい――。
そして朝7時にオープン。いつもは月曜日や水曜日に来る常連さんたちの顔がそこにありました。皆さん心配して、この日に足を運んでくれたのです。12席のベンチシートしかない成増店は外までお客さまであふれ、終わってみれば、平日の売上で新記録を達成。「モスがなくなっては困る」「自分たちが守る」――そんな常連さんたちの想いに、成増店は支えられていたのです。

地域の方々にとってなくてはならない店舗になる。それがモスの原点です。モスには店舗づくりのためのさまざまな仕組みがあり、投資も常に行っていますが、それらはすべて原点を守るためにあります。たとえば、HDC審査。ホスピタリティ(H)、デリシャス(D)、クレンリネス(C)の3指標について、毎年全国20支部ごとに各2~5店舗を選出し、表彰しています。また、専門会社による覆面調査も実施し、支部ごとの平均点数も公表しています。よい店舗はどんな取り組みをしているのか、全員が共有し、井の中の蛙にならず刺激し合える環境です。そして、それぞれの地域のために何ができるかを考えます。一人ひとりが常にいままでを振り返り、何度でも心を込めて、お客さまをお迎えする。それがモスですから。

Nothing is impossible

株式会社モスフードサービス
代表取締役社長中村 栄輔

2019年度からスタートした新しい中期経営計画では、「Nothing is impossible」をスローガンに、グループ事業基盤の再構築に向けて大胆な施策を実行しています。
まずは、モスバーガー事業(国内)の収益性改善を最優先課題に位置づけて、マーケティング戦略の革新やお客さまの利用動機に合わせた店づくりなどに取り組んでいきます。これまでモスバーガーは、老若男女幅広いお客さまを想定したオールターゲットの商品開発や店づくりを展開してきました。しかし、これからはお客さまの属性や地域特性、店舗立地などの要素をマトリックスで整理・分析し、それぞれの店舗に最適のメニュー構成や店づくりを進めていきます。従来は「おいしくて、品質の良いメニューをつくれば、お客さまはわかってくれる」という発想でしたが、これからは、おいしさや品質へのこだわりに加えて、マーケットインの発想から「お客さまが本当に求めるメニューや店づくり」に力を注いでいきます。さらに2020年度以降は、地域特性や立地などに合わせた既存店の改装や新規出店などによってモスバーガー店舗の差別化を図り、「新生」モスバーガーとして前年比105%の成長を目指します。

一方、モスバーガー事業(海外)は、台湾、シンガポール、香港、タイでの出店を加速させると同時に、インドネシア、オーストラリア、中国、韓国でもさまざまなトライアルと検証・改善を繰り返しながら、グローバルなフランチャイズモデルの確立を図ります。
また、その他飲食事業は「マザーリーフ」「ミアクッチーナ」など各業態店舗の営業黒字化を図り、モスバーガーに続く第2・第3のFCパッケージとして広域展開していく方針です。
この計画策定にあたって、20代、30代の若手社員に「20年~30年後、モスグループをどんな会社にしたいか」をヒアリングしました。そこから出てきた「夢」「挑戦」「応援」というキーワードを新しい中期経営計画でも活かしています。今後、全社員が主役となって改革に挑戦し、その挑戦を皆が応援していく風土をつくり上げ、これからの未来を切り拓いていきたいと考えています。